0.01秒短縮する事が成功への近道であること

記録を作ることは、自分との闘いです。
何秒縮める事よりも自己レコードを0.01秒短縮する事が重要です。
折角頂いたアドバイス、ちゃんと理解できていますか?
アドバイスの意味がしっかり理解できない状況での記録の更新は難しいです。
水泳だけでなくどんなスポーツでも今よりも向上する為には「理由」「方法」があります。

  • 良く解らないけど有名な○○選手がやっているから
  • コーチにやりなさいと言われたから
  • チームや周りの人に言われたから

このアドバイス、しっかりと自身で納得の上理解し実践し、中身の伴った練習を行っていけたら結果は変わると思います。

ですが…「よく分からない」状態で練習をやっていては、確実に結果は変わりません。

解らない事は解らないまま放置しない!

数学が苦手という方に多くみられる解きかたへの理解不足 解きかたを聞き、答えを教えて貰ってもいざ自身で解こうとしても導き出せない。 ここなのです!
幾ら良い練習法や解きかたを学んだとしても出来ない・伸びない
これは学んだのではなく、ただ見た・聞いただけで《出来るような気》になっているだけなのですね!

誰かに教えて貰ったけれども、理解出来てないままその問題を解いたとして、その問題を、解けるように・解決する様になると思いますか?

僕でしたら一生解けないか、確実に諦めてしまいます。

考える泳ぎの方法

答えを導き出すヒントは幾らでもあります!
ですが、そのヒントが理解できるか…それを紐解く事が出来ないと全て気泡と化して無駄になってしまいます。

解るまで聴く、その問題を読み解く方法を学び《考える泳ぎの方法》を学んでください。
抱える一つの問題は更なる問題に枝分かれしています!その一つが出来ない事で他にも出来ない事に続いているのです。
順番に問題を一つ一つ読み解き解決させ、繋げていく事が大事なのです!
解らない事を解らないまま放置せず、しっかりと考えて泳ぐ重要性を感じて下さい!

僕、森の感じる現場での反応

お申し込みフォームはこちら

森隆弘プロフィール

雑誌や本では削れない理由があります!

雑誌、本は新しい理論やトッププロの練習方法など豊富な情報が盛り込まれています。

目を引くような記事や見出し、試してみたくなる新しい練習方法…
しかし、残念ながら毎回、全く違う内容を伝え表面的な理論に終始しがちです。
結果、何が正しい情報なのか分からなくなります。

そしてこういった情報は『一方通行な情報』であることも付け加えなければなりません。
※一方通行というのは、情報を一方的に受け取るのみで完結してしまうということです。

あなたがその情報をもとに進めていく中で、必ず疑問や質問がでてくることでしょう。
「これでいいのかな・・・?」と、そして間違えた解釈のまま進み、結果的に悪循環に陥っていきます。

お申し込みフォームはこちら