個人メドレーターンを上手くなりたいあなたへ

元オリンピック日本代表の森隆弘です。

私は、現役引退から今までの経験を活かし水泳の泳ぎ方について、何千人もの人達を指導してきました。
しかし…
残念な事に殆どの人達が正しい泳ぎ方を習っていないと言う現実を目の当たりにしてきました。

こんな悩みを抱えていませんか?

ターンは早く回ればタイムが伸びるわけじゃない

実は、速く回ろうとすればするほど、ターン動作の途中で動きが止まったり、背中に抵抗を感じてしまうことがあります。

どんなに早く回ることができても、ちゃんと壁を蹴れていないので加速をすることが出来ません。

それでは、ターンによって縮められるはずのタイムも全く縮まらず、いつまでもタイムが伸び悩んでしまう原因の一つになります。

一連の流れを掴むことが、ターンを早くする唯一の近道

飛び込み時のフォームから、入水、水中の手の位置、指の動きがその後の泳ぎを加速させます。

タッチ、頭を下げるタイミング、膝を曲げるタイミング、身体が動くタイミング・・・一連の流れが揃い、初めて早いターンを行うことができるようになります。

正しいターンを極めるとタイムが縮む

どんなに速く泳ぐことができても、ターンで時間がかかっていては、タイムを縮めるにも限界があります。

しかし、ターンを極めることが出来れば、今まで以上にタイムを縮めることも、いろんな種目にも対応することができるようになります。

どんな種目にも対応することが出来るようになるターンの詳しい方法はこちらの無料メルマガにて公開しています。

無料講座

元オリンピック選手が教える正しいターン「個人メドレーターンテクニックメルマガ 」購読登録フォーム

メールアドレス(必須)

お名前(必須)

世界の水泳選手と戦ってきて感じたこと

日本人は、世界の選手と違って体の構造が違います。

特に身長差は分かりやすいかもしれませんね。
体が小さい日本人が、世界で戦う為には、世界の選手に遅れを取らない飛び込みを行う必要があります。

もし、これが出来ないのであれば世界で戦う事は不可能です。

私は世界の大きい選手と戦う上で、正しい飛び込みのフォーム、入水からの加速のさせ方等を選手の頃からずっと研究して実践を繰り返してきました。

そんな世界を見てきた私だから他の人が教えられない事も沢山あります。

日本人の個人メドレーを世界に広めたい

今では、日本人選手が多くの種目でオリンピックや世界水泳の決勝戦に出場しています。
ですが、野球やサッカーと比べると、日の目を浴びる機会が圧倒的に少ない競技であることは否めません。

これからさらに、多くの選手が世界の大舞台で活躍することが出来れば日本の水泳界は、多くの注目を浴びるはずです。

オリンピックの決勝戦に、日本人初として出場した僕が、今まで培ってきた経験や知識を、少しでも多くの方に提供し、これからの水泳界を担う、多くの選手を育てていければと思っています。

ケガ0の泳ぎ方へ

タイムを縮める事を意識すれば、練習はハードになってきます。

しかし、私がオリンピックに出れた理由の1つにケガをしなかった。
と言う事があります。

残念な事に…
間違った飛び込み方で一生懸命努力して、体に負担をかけてケガをする。

大好きな水泳を辞める人が後を立ちません。

これは、本当に勿体無い事です。

確かに大会に出て優勝したいと言う気持は分かるのですが、
無理して、ケガをして、その後の選手生命が消えてしまう。

なんて事には絶対になって欲しくないです。

ましてや、水泳と言う競技は選手として活躍出来る時間も少ないです。
ケガしたら、そんな短い時間を失ってしまい、掴めたチャンスですら目の前から無情にも消えていく。。。
なんて事になってしまいます。

日本人が世界で戦う為に世界基準の正しい泳ぎ方。

「今度の大会で優勝したい!!」
「ライバルに勝ちたい!!」

勿論、水泳を競技としてやっていくのであればこんな思いを胸に抱き、
毎日の練習を頑張っている人も多いでしょう。

では、大会で優勝したり、ライバルに勝ちたいと思うのであれば、
「世界基準の飛び込み」をマスターする事です。

この飛び込みをマスターすれば、日本選手には勝ちやすくなります。

なぜなら、この飛び込みを真剣に教えてくれる人が日本には少ないからです。

これは良くある事例なのですが、
「何十年も前の飛び込みを教えている指導者が多い」昔の水泳と今の水泳では、考え方や泳ぎ方、飛び込み方法も変わってきています。

ですから、
上を目指すのであれば最新の飛び込み方・泳ぎ方をしっかりとマスターし、将来、世界でも通用する泳ぎ方を小さい時から習う。

と言う事が、世界で戦う上での最短ルートです。

泳ぎ方を習う前に…まずは正しい知識を。

スポーツと言うのは体を動かす物ですから、勉強するより、まずは実践!
実践しながら覚えていきましょう!と言う教え方の人達も居ます。

確かに、飛び込みは実際にプールに入って修正をして実践を繰り返していかなければいけませんが、このやり方ですと、ケガをしてしまう理由の1つとなってしまいます。

まず、プールに入って泳ぐ前にある程度の知識を持ってから水泳の練習に入ると言う事が非常に大切です。

実際に、オリンピックの選手達も世界で活躍する選手のビデオを何度も見たり研究したりしています。

そもそも…
イメージが出来ない物を実践する事は難しいです。

既に色々と勉強されている人であれば、ご存知かもしれませんが、スポーツの世界にはイメージトレーニングと言うトレーニング方法があります。

毎日、頭の中でイメージをする事によって、それに向かって体が自然に動くようになってくる感じです。

しかし、イメージをする為には、頭の中に知識が無いとダメです。

特に飛び込みで大切なポイントは、飛び込む前の構えや腰の位置、飛び込んでからの指の動かし方など、多岐にわたります。

これを頭の中でイメージする事が出来るのと出来ないのとでは、その後の練習に大きな差が出てきます。

そして、この正しい知識を教えてくれる人は日本にはあまりいないのが現状です。

無料講座

元オリンピック選手が教える正しいターン「個人メドレーターンテクニックメルマガ 」購読登録フォーム

メールアドレス(必須)

お名前(必須)

この無料講座では、正しい飛び込みの方法をテキストでお送りしたり、分かりづらい所は動画で解説した内容などをお送りしています。

努力した事を最大限に活かす為にも、まずは正しい飛び込みを学ぶ事から初めてみませんか?
それでは、講座でお会い出来る事を楽しみにしていますね。

森 隆弘